【はじめのメッセージ】損しないカーライフが1人でも多くの方に訪れますように!

いつも読んでいただきありがとうございます!!

私のブログでは「初めて車を買う人が、1人でも多く損しないカーライフを送れること」を目指して書いています。もちろん、もう何台も買った方にも読んでいただきたいと思ってます(笑)

そこで、「誰かの役にも立ちそうだな」と感じていただけたたら、ここで知った話をぜひご家族やお友達との話のネタにしていただけたら嬉しいです。

また、私と同じように「損しないカーライフ」に共感いただけた方は、SNSなどでシェアしていただけたら、さらに大喜びです。

厚かましいお願いですいませんが、一緒に素敵なカーライフを過ごせる方を増やしていきましょう!!

 

クルマの知識

【車のお悩み相談156】車の維持費がもったいない、乗り換えるならどんな車?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは!ピゴスです!

こちらの記事は、私が過去に「車の質問」をいただいた経験をベースに編集して、紹介しております

ピゴス

ご質問は、本当にありがたいです!私も回答をする中で、新たな気付きをいただけます

ご質問者様に役立つ情報というだけでなく、ブログを読んでくださっている方にも、ヒントになればと考えて、回答しております

ぜひ、何かのご縁でこのブログをのぞいてくださったみなさまにも、「損しないカーライフのヒント」を見つけていただけたら嬉しいです

一人でも車で損しない方が、世の中に増えていただけますように!

それでは、車が好きな人も、そうでない人も、素敵なカーライフにしていきましょう!!

ご質問

ご質問をいただきました

車の見直しについて質問があります

車は週末にしか利用せず、遠出もあまりしないため、維持費がもったいないと感じています

現在はスバルのフォレスターを所有しています

見直した後の車は、できるだけ長く乗りたいと考えています

おすすめの車と、そのメリット・デメリットを教えていただけますでしょうか?

ピゴス

車の見直しについてのご質問ありがとうございます

もし維持費がもったいないと感じているのであれば、まずは思い切って車を手放してみるのはいかがでしょうか?

週末の移動はレンタカーやカーシェア、タクシーを利用する方法もあります

また、原付やバイク、自転車での生活も考えられます

それをやってみた上で、車が必要だと感じる場合は、維持費の安い軽自動車がおすすめです

具体的にはミライースやアルトなど、背の低い(155cm以下)車が良いでしょう

軽自動車は購入価格が安く、維持費も低いですが、安全性や快適性、ステータス性、積載力などを求める場合は、それに応じて予算を増やす必要があります

どの部分で優先するかを考え、生活の満足度を下げずにコストダウンできる方法を見つけることが重要です

まずは車を持たない生活を試してみて、必要ならば上記のような選択肢を検討してみてください

車を売却されるなら下記の記事を参考にしてみてください

【電話ラッシュ怖い】車を売りたい人は必見!80点は取れる方法を画像付きで解説 こんにちは!ピゴスです! 車を乗り換えるとき、手放すとき、いつもどのような方法をとっていますか? 多くの方は、「そのまま購...

車選びの価値観を見直す場合は下記の記事を参考にしてみてください

【初めて診断!】あなたにぴったりな車の選び方を7つの優先順位で解説 こんにちは! ピゴスです!! 車を購入しようと考え始めた時に、「自分にとって間違いのない車を選びたい」、「お得な車で損したくない...

おわりに

ご質問に共感していただける部分があったり、回答にお役に立てるセンテンスなどがあったり、しましたでしょうか?

このブログ「ぺんぎんカーライフ」では、質問の回答だけでなく、損しないカーライフを送るための記事を書いております

こちらからそれらの記事をまとめたページに飛べますので、良かったらご覧いただけましたら嬉しいです

【はじめに】車の大学⁉損しないカーライフのための記事まとめ19選 こんにちは!ピゴスです!! 損しないカーライフを広めるために、このブログ「ぺんぎんカーライフ」を執筆しております 大好きな...

それでは、損しないカーライフをお過ごしください

ABOUT ME
ピゴス
ギリギリ昭和生まれ、2児のパパとして奮闘中…管理人のピゴスです! クルマ好き歴30年以上、気付けばペーパー①級自動車整備士(笑)元、国産自動車のディーラーの営業マンです。 過去に車を整備したり販売させていただいたりする中で、色々なお悩みがあることに気付きました。そう言った悩みのある方が、知らないがゆえに損してしまうことがないようにこのブログでは少しでもみなさまのお悩みに寄り添った内容を発信できればと考えております。 取り上げて欲しい題材、個別のお悩みなど、コメント欄やTwitterなどでいつでもメッセージを承っております。お気軽にどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA